ふるやんの囲碁日記~めざせKGS1dへの道~
ふるやん(KGSID:furuyan)がKGS1dを目指し粒々辛苦・臥薪嘗胆する様を 日記形式でつづる感動のノンフィクションドラマ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

2004/12/26 『壁』 KGS8k

 コンビニのバイト中(深夜は暇)にも棋書を読んでいるふるやんです。こんばんは。

 今読んでいる本は『初段の壁を破る法』です。この本にこのような記述があります。


 初段の壁はそう簡単に破れません。それどころか、永久にストップする人が多いのです。それが段と級の境目にある壁なのです。
 だが別の見方をすれば、この壁があるからこそ、有段者がいっそう権威のある存在となるわけで、級位者にとっては「有段者になる」ということが大きな魅力にもなるのです。もしそうでなくて、この壁がだれでも容易に破れるものであったら、それを突破したときの喜びもまたないはずです。


 この文章を見たとき、俺が大好きな某歌手の歌詞が頭をよぎりました。『高ければ高い壁の方が登った時気持ちいいもんだ・・・』と、初段の壁といえばKGSでは5kあたりと言われている(本当かどうかはわからないけど・・・)。二桁kからすごい勢いで伸びても5k付近でストップする人が多いのもそのためだと思う。実際に初心者から初めて5kの壁をすんなり超えた人は知っている限りで2人しか俺は知らない。


 しかし、大人というものは何かと『壁』というものを気にするものである。というより、自分の力がないことを『壁』のせいにしたがるのかもしれない。俺自身も今までの人生の中で何かにつけて『壁』を理由にあきらめることが多かった。
 今回の壁は越えたいと思っている。俺が目指しているのはその壁のさらに先なんですけどね・・・(´・ω・`)
スポンサーサイト
【2004/12/26 03:24】 囲碁 | トラックバック(3) | コメント(1) |

コメント

子供:おとうさん、あの人誰ー?
父:あれは壁にぶち当たった人だよ。
子供:へぇー壁・・・どこにあるの?
父:そのうち分かるときが来るよ。
子供:えー、何それボクもぶつかるの?
父:そうだよ、いつかその日が来る。
子供:ぶつかったらどうするの?
父:ふるやん君に聞いてごらん
【2004/12/26 16:27】 URL | うなぎ画伯 #-[ 編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

解り易さの恐ろしさ

中日・夕刊 12.20 より抜粋今や世を挙げて「解り易さ」礼賛時代である。人々の身の回りから複雑な概念や深みのある言葉、緻密な議論や微妙な表現を排除する力学が働いている。こんな環境の中におかれていれば、子供達の知力・学力が退化するのは当たり前である。大人の世・.. Voice of Stone【2004/12/26 12:31】

[隣]2ch棋院に広がるブログの輪。

うなぎ画伯のくだまきブログ ふるやんの囲碁日記~めざせKGS1dへの道~ BabelIIさんの日々是反省 まるこめブログまだー?とふってみる。 atomick’s diary【2004/12/27 23:35】

棋書_(囲碁)棋書(きしょ)は囲碁についての書籍。囲碁のルールについて述べたもの。入門用解説書など。打碁集。過去の対局の棋譜を収録したもの。棋士 (囲碁)|棋士毎に集めたもの、棋戦 (囲碁)|棋戦やテーマ毎に集めたもの、年鑑などがある。解説書。囲碁理論の説明、上達 囲碁の知識【2007/08/10 16:42】

PROFILE

ふるやん
  • Author:ふるやん
  • 棋力停滞中(´;д;`)
  • RSS
  • 09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。